六星占術とは

無料占いマリー【簡単!当たる無料占い】メインイメージ

無料占いマリーの六星占術解説

六星占術は、中国の古来からの易学、算命学、万象学等をもとにして、細木数子さんが提唱した占いです。
四柱推命で伝統的に行われていたものの類似の占術です。

六星占術では人の命運を6つの運命星に分類して占います。
土星、金星、火星、天王星、木星、水星の6種類です。
特別な条件が重なった場合には、霊合星人(れいごうせいじん)と呼び、独立した運命星ではなくなります。
6つの運命星と複合します。

六星占術で使用される、干とは甲・乙・丙…などの昔の通知表などに使われていたものなどで、支は私たちにとってなじみのある、十二支である十二の動物の配列です。
「干」と「支」の組み合わせによって「干支」となります。
この干支を利用して時間を記述するものを「干支歴」といい、西暦の月日などは、干と支に置きかえることができます。

生まれた干支歴の干支の配列によって占うのが、四柱推命です。
ここから派生したと考えられているのが六星占術です。

四柱推命で、生年月日を干支に置き換え、命運を占います。
干支に置き換えた部分を抜きだして、空亡を求めたものが細木数子さんの「○○星人」というものになります。

「霊合星人」は特殊な星とされています。
六星占術の中でも唯一異なる出し方で、六星占術と四柱推命とで最も違う部分でもあります。

細木数子さんの六世占術での大殺界とは、占う年の(年干支)で、(支)が(生日干支)より割り出す空亡にあたる時、停止または、減退、陰影、停止となりこれらの2つの空亡をもつ3年間を大殺界と呼んでいます。

六星占術の宿命大殺界とは、四柱推命の大運が日千から見た場合に、空亡となる時を宿命大殺界と呼んでいます。
これを使う事で、10年単位でのその人の命運を見る事が可能になり、個人それぞれに存在しています。

六星占術の運命周期は、毎年の命運などを解くための占い方法があり、運命周期などと言います。

12の運命周期で、命運が沈む3年間を指し、大殺界としているため、このように呼ばれています。

六星占術での占いでは、言葉など伝え方で様々な受け取り方があります。
細木数子さんの六星占術も素直に受け入れる人や、疑いを持つ方など様々です。
特定の占いについて否定的な考えを持っている場合には、信じたり、従ったりしなくて良いでしょう。

価値観や宗教心のようなものがあり、占い単体で見てもあまり意味がないとも考えられます。

細木数子さん自身が、先祖供養、因果の法則、見合った生き方をしていなければ、占いも意味がないと言われているようですので、安易な気持ちで占いを信じる事は避けた方が良さそうです。

スポンサーリンク


無料占い

豊富な当たる占い

相性占い
出会い占い
片思い占い
結婚占い
復縁占い
不倫占い

占い解説に戻る

 

 

当サイトの占いでは皆様のご感想を募集しています♪

感想を送る!(PCスマホのみ)