易学とは

無料占いマリー【簡単!当たる無料占い】メインイメージ

無料占いマリーの易学解説

易学の『易』とは易経ともいい、現在では書経、詩経、礼教、春秋経で形成される『五経』と 統合され考えられています。
易の派生した中国では、自然界すべてが陰と陽の組み合わせで 作られているとされ、ここから万物の過去や現在、未来までを読み取ることができるのです。

古来より中国で『易』は政治や戦争の場でも用いられ、歴史上の有能な易学者は当時の権力者の片腕と なるほどの立場でした。
また万物が陰と陽で作られているという思想は中国における医学・ 薬学・鍼灸学の基礎となったのはもちろんのこと、政治や経済、武術、宗教や占いに至るまで 発展し、こんにちの『易学』へと密接に結びついています。
易とはある意味科学的、物理的なものであり、易学とはこういったものを学ぶ学問なのです。
ですから一般的な占いにくらべて易学は専門的な要素を多々持ち合わせています。
易学から発展した占いの中には、四柱推命や六壬神課、遁甲などが知られていますが 中国から派生した占いのほとんどすべてが、易学の考え方を規範にしているといっても良いでしょう。

易学では『太極』と呼ばれ宇宙の原理、そして万物をなす『陰』と『陽』 八卦(陰と陽から発生したもの)、六十四卦(私たちが人生で経験する様々なステージ) との組み合わせを用いて占います。
自然界の情報と陰と陽がもつパワーが様々な現象となって 私たちに影響を及ぼすとき、私たちがどのように生きすすんでいけば良いのか 人間らしく生きるための基本に立ち返りながら運勢を見るのです。
殷(いん)の時代では亀の甲羅を焼きそのヒビの形をみて占っていましたが 周(しゅう)の時代になるとめどぎと呼ばれる丈夫な茎を使用するようになり これが竹にとってかわられ現在の型になりました。
ですから現在の易占は、周易とも呼ばれています。

神の意志を知る易学でしたが、現在は人間の判断や意思決定のためのものとして変貌を遂げてきました。
『易』は、万物の法則である陰と陽をひも解きながら、「今どうすれば良いのか」 「どのように進むべきか」という決断をすべき時に、具体的な答えを導き出ししてくれるのが 特徴です。
人間が万物の法則=宇宙の中で生きる存在であることを実感しながら 自然界から答えを導き出すものなのです。

易学とは個人個人の学びの要素が大きい占いですから、勉強家の方、古来より伝えられていた 吉凶判断を重んじる方、易学に基づいた生活を実践できるまじめな方におすすめの占いです。

スポンサーリンク


無料占い

豊富な当たる占い

相性占い
出会い占い
片思い占い
結婚占い
復縁占い
不倫占い

占い解説に戻る

 

 

当サイトの占いでは皆様のご感想を募集しています♪

感想を送る!(PCスマホのみ)